スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-


北海道で加工されたたらこ パスタ スパゲティ レシピ

北海道増毛町で加工されたたらこ。

増毛町は、フルーツや水産加工品が有名です。

また、最北の造り酒屋「国稀酒造」があります。

濁り酒なんかは、とてもおいしいです。飲みすぎには、ご注意を。



この、たらこは一本そのままではなく、途中から切れています。

ですが一本物と変わらない味です。製造過程において必ず出るものです。

その種類としては、一本物、大切れ、小切れ、並切れなどがあります。

この商品は、大切れだと思います。



地元では、自宅で食べるために購入する人が、多いですね。

また、地元のレストランや喫茶店では、たらこパスタにしたりしますね。

我が家では、子供たちに人気のたらこスパゲッティーにして食べます。

たらこのレシピは、他にもたくさんありますね。

量的に多いと思われますが、共同購入やたらこを小分けにして、

冷凍しておけば、いいですね。

人気blogランキングへ
コミュニティサイトモンモン
 ↑  ↑  ↑
よろしければ、ポチットお願いします。
スポンサーサイト

2014年06月18日 | たらこ | トラックバック:0 | コメント:0


まったく新しい調味料

醤油でもない、魚醤とも違う。
「鶏醤」(けいしょう)です。
初めての天然うまみ調味料の登場場です。

北海道三笠市で作られている「鶏醤」



三笠の「鶏醤」


北海道三笠市といえば、かつては炭坑で栄えた町です。
私も、小学生時代を「三笠」で過ごしました。
思い出は、岩見沢市までよくラーメンを食べにいったものです。

その「三笠」から世界初のうまみ調味料
「鶏醤」の登場場です。

良質な動物性タンパク質と多くの栄養素をたっぷり含んだ
鶏のハツ、レバー、砂肝などを使用した
世界初の天然アミノ酸がたっぷりと含まれる
”うま味”発酵風味調味料です。

なんといっても、添加物や加熱処理は一切していないので
安心・安全でかつ信頼にお答えできるものです。



三笠の「鶏醤」


新鮮で良質な原料に小麦麹、米麹、塩を使用し
一次発酵から三次発酵までじっくりと発酵・熟成を
繰り返して生まれる「生きている」発酵調味料です。

私も試しました。
瓶のふたを開けるとき「ポン」と音がしました。
瓶の中でも生きている証拠です。

目玉焼きにそのままかけて食べました。
とってもおいしいです。
臭みもなく、醤油よりは塩辛くなく
甘みがあって、卵の味がより引き立ち
うま味が口の中いっぱいまで広がって
良い香りが鼻から抜けていきました。

ぜひ一度、お試しあれ!

FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
コミュニティサイトモンモン
 ↑  ↑  ↑
よろしければ、ポチットお願いします。

2009年10月09日 | 調味料 | トラックバック:1 | コメント:0


真っ白なアイス 『クレアート』

北海道にしかない、真っ白いアイス。


卵やバターを使用していない、真っ白なアイス。
クレアート アイスセット
価格 5,040円 (税込) 送料別

北海道留辺蘂町でつくられています。
留辺蘂町は、もともと林業林産業、農業が基幹産業で、
町の森林面積88%を占めています。

この町もご多分に漏れず過疎化している町です。

『クレアート』のアイスには通常含まれている、卵やバターが含まれていません。
全ての脂肪分が乳脂肪、しかも14%も含んでいます。
かなりこだわったという主原料の牛乳は、
酪農地帯が広がる道東地区の中からさらに厳選した、
特定地域のもの。その新鮮な牛乳から極上の生クリームが作られているのです。

後味は爽やか。リッチな内容を誇りながら、
後に残るのはほのかな牛乳の風味だけです。
アイスクリームにスプーンを入れると、ポッキリと折れるように割れます。
べっとりと、粘り着くような感じがありません。

口ではサラリと溶けるきめ細かいアイスなのに、
お皿の上ではカッチリとしているんです。
これは各成分の結合密度が高い証拠なんだそうです。
これらを実現する独自の製造法は創業より13年、変わっていません。
絶対の自信をもったレシピなんですね。

砂糖は牛乳の風味を引き出すという道東でつくられるビートグラニュー糖。
砂糖を溶かす水は、工場の近くから湧き出るもの。
大雪山連峰の麓という立地条件がさらに『クレアート』のアイスを
美味しくしているんです。
これはもう『牛乳の芸術品』といっても過言ではないでしょう。

北海道にしかない、真っ白いアイス。


卵やバターを使用していない、真っ白なアイス。
クレアート アイスセット
価格 5,040円 (税込) 送料別


FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
コミュニティサイトモンモン
 ↑  ↑  ↑
よろしければ、ポチットお願いします。


2008年09月15日 | アイスクリーム | トラックバック:2 | コメント:1


ふらの雪どけチーズケーキ

ふらの雪どけチーズケーキ

知る人ぞ知る、極上のチーズケーキ。


価格1,200円 (税込) 送料別

老舗菓子店が、手間を惜しまずにつくっています。

日本経済新聞で「おすすめのお取り寄せチーズケーキ」でも、
堂々の5位にランキングされています。

「ふらの雪どけチーズケーキ」は、
自然の味わいがひとつにとけ合ってリッチな味なのに驚くほど
食べやすい、ベイクド・レア・チーズケーキです。

減量にこだわって、地元の新鮮なふらの牛乳を使用し、
手間を惜しまないで、生地に1日、焼きに1日、
仕上げのクリームに1日と、完成まで3日もかけています。


価格1,200円 (税込) 送料別

まずはお約束の「パックマン型」にカット。
生クリームの厚みがそそります。

「ふらの雪どけチーズケーキ」は、
半解凍の状態が一番美味しい食べ頃とのこと。
確かに甘さすっきりでミルキーな味わい。

しっかり解凍して食べるとチーズの風味も
パートシュクレの甘みもしっかり出て、食感もまったりと濃厚に。

FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
コミュニティサイトモンモン
 ↑  ↑  ↑
よろしければ、ポチットお願いします。

2008年08月30日 | スイーツ | トラックバック:0 | コメント:1


白い「とうもろこし」

驚きの「白さ」です。

生でとってもおいしい!

えっ!ホントなの。
密かに人気沸騰中の「幻のトウキビ」 !!


Lサイズ 10本 通常価格 3,500円 (税込)
価格 2,900円 (税込) 送料別

水洗いするだけ、生のまま「サクッ」!!
香ばしくて、甘くて、シャキシャキした食感。
「糖度」が抜群に高いのも、自慢です。

茹でても、蒸しても、焼いてもGOOD。
「電子レンジでチ~ン」だってOK !!
いろんな食べ方楽しんで、何本でもイケちゃいます。

実は最近、北海道で本格栽培が始まったばかりのトウモロコシで、
「ピュアホワイト(純白)」という名前の通り、真っ白なんです !!
実は、たいへん栽培が難しい品種で、黄色種トウモロコシの花粉をもらってしまうと
身が黄色くなるため、他の畑と少なくとも300~400mは間隔をあけて、
風向きにも細心の注意を払います。
そのため生産量も少なく、「幻の白いトウキビ」って言われるほど、稀少価値なんですよ。


Lサイズ 10本 通常価格 3,500円 (税込)
価格 2,900円 (税込) 送料別

北海道の大地が生んだ、まっ白な「真珠の輝き」 !!ピュアホワイトコーン L



FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
コミュニティサイトモンモン
 ↑  ↑  ↑
よろしければ、ポチットお願いします。


2008年07月21日 | 野菜 | トラックバック:0 | コメント:1


ロイズ (ROYCE’) 生チョコレートオーレ

ロイズ (ROYCE’) 生チョコレートオーレ

なめらかな口どけ。
元祖生チョコ!



 「これがチョコレート?」と思わず感じる、ソフトな舌ざわりに仕上がっています。

ロイズの生チョコが有名になってきたのは、
ここ数年前からになりますが、結構長い歴史があるんですよ。
2004年で誕生20周年を迎えています。きっとこれからも美味しいチョコを作ってくれることでしょう!



惜しげもなくたっぷりと練り込まれた北海道産の生クリームが、
舌の上ですっと溶けていく食感は、一度口にしたらもう忘れられません。

FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
コミュニティサイトモンモン
 ↑  ↑  ↑
よろしければ、ポチットお願いします。


2008年07月13日 | スイーツ | トラックバック:0 | コメント:0


チーズ

松山千春で有名な

足寄の「足寄チーズ」

モッツァレラストリングタイプのチーズをご紹介!

今回は、チーズとわさびの

コラボレーションです。



足寄でチーズ作りが始まったが1981年です。

伝統あるチーズです。

足寄チーズ わさび

FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
コミュニティサイトモンモン
 ↑  ↑  ↑
よろしければ、ポチットお願いします。


2007年04月18日 | 乳製品 | トラックバック:1 | コメント:3


とうもろこし

「とうきび」という言葉、

聞いた事ありますか?

ヒントは、

「北海道の夏を連想する味覚」

そうです!

「とうもろこし」の事です。



生のとうきびを収穫後すぐにゆであげ、

レトルトパックにしたものです。

あま~~い、どさんこきび

FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
コミュニティサイトモンモン
 ↑  ↑  ↑
よろしければ、ポチットお願いします。



2007年04月08日 | 野菜 | トラックバック:0 | コメント:0


雪だるまアイスクリーム

コンサドーレ札幌の

オフィシャルパートナーである

石屋製菓のとってもかわいい

『雪だるま』の容器に入ったアイスクリームです。

いろんな表情があり、

いろんな味があります。


雪だるまアイスクリーム

FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
コミュニティサイトモンモン
 ↑  ↑  ↑
よろしければ、ポチットお願いします。

2007年03月31日 | アイスクリーム | トラックバック:0 | コメント:0


スープカレー

スープカレー

札幌では、定番のカレーです。


南家チキンココナッツカリー

先日も食べに行ってきました。

骨付きチキンが、ドーンと入ってます。

やみつきになる味ですね。

レトルトですから、

暖めて、すぐ食べられます。

FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
コミュニティサイトモンモン
 ↑  ↑  ↑
よろしければ、ポチットお願いします。

2007年03月18日 | かわり種 | トラックバック:0 | コメント:0


[六花亭]ストロベリーチョコセット

[六花亭]ストロベリーチョコセット

甘くて、ちょっぴりすっぱい
チョコレート。

うちの子どもの、好きなものの1つです。

ショップでは、人気ナンバー1のものです。


[六花亭]ストロベリーチョコセット
乾燥イチゴをホワイトチョコレートで
くるんだ、甘くてすっぱいスイーツです。

FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
コミュニティサイトモンモン
 ↑  ↑  ↑
よろしければ、ポチットお願いします。

2007年02月12日 | スイーツ | トラックバック:7 | コメント:0


生キャラメル

オホーツク海沿岸の興部(おこっぺ)町の人が開発しました。
地元産の生クリームにクローバーの蜂蜜を使用しています。
鮮度にこだわった、
冷蔵保存が必要な「生」の商品を開発しました。

札幌駅の直営店での限定販売ですが人気は上々です。
生ラムジンギスカンや生チョコに続く、
北海道「生」の定番に育つか。

以上、asahi.com様から引用しました。

と言う事で、今北海道のお土産で
人気が出でいます。
北海道のものを、出したかったのですが
ありませんので、新潟県産のものです。


生乳たっぷり 牛乳生キャラメル

口あたりはとても滑らかで、
自然にとろけてしまう柔らかさです。
プレゼントにも良いです。
FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
コミュニティサイトモンモン
 ↑  ↑  ↑
よろしければ、ポチットお願いします。



2007年02月08日 | スイーツ | トラックバック:1 | コメント:0


すじこ

明けまして
おめでとうございます。

今日は、ご飯のおかずにぴったり。

すじこです。

しかも、一口大に切れています。

ひとくち紅子≪味付け筋子≫300g食べやすくカットと味付けした逸品です!

アラスカ産の紅鮭のすじこです。

FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
コミュニティサイトモンモン
 ↑  ↑  ↑
よろしければ、ポチットお願いします。

2007年01月08日 | すじこ | トラックバック:4 | コメント:0


とばイチロー

「トバイチロー」ときいて、どんなことを想像しますか?

ちょっとおもしろいネーミングの話です。

これです。

スライス 鮭とばイチロー

「鮭とばイチロー」という鮭製品です。

演歌歌手みたいなネーミングですね。

でも、味はしっかりしていてとってもおいしく

薄くて、一口大になっておりとっても食べやすいです。

お子チャまでも、大丈夫です。





とってもクセになりそうなものです。

スライス 鮭とばイチロー
スライス 鮭とばイチロー


FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
コミュニティサイトモンモン
 ↑  ↑  ↑
よろしければ、ポチットお願いします。

2006年10月01日 | 乾物類 | トラックバック:2 | コメント:4


ぶどうえび 

しばらくぶりの記事の投稿になります。

北海道は、もう秋です。

先日、風車の中に入ってデータ採集を行うという仕事をしてきました。

本日は、これ。

幻のブドウ海老(エビ)700g~800g北海道道東産

これは、ぶどうえびです。

生きたまま船内で凍結をかけているので、とっても新鮮です。

えびよりちょっと大味ですが、甘くて口の中でとろけます。





想像してみて下さい。もちもちっとした食感と、濃厚な甘みを。

幻のブドウ海老(エビ)700g~800g北海道道東産
幻のブドウ海老(エビ)700g~800g北海道道東産

FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
コミュニティサイトモンモン
 ↑  ↑  ↑
よろしければ、ポチットお願いします。

2006年09月30日 | えび | トラックバック:0 | コメント:0


次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。